冠婚葬祭の中でも葬儀は急なことが多いです。最近では色々ある葬儀の種類などについてご紹介します。
冠婚葬祭の葬儀に関する心得とは

冠婚葬祭の葬儀に対する心得

冠婚葬祭の中でも葬儀は大抵の場合、急なこと多くなかなか事前に準備することが出来ません。大切な家族との急なお別れですが、すぐに通夜、葬儀の準備をしなければならないのです。
また葬儀に慣れているという方はそうはいらっしゃいませんし、実際には戸惑うことがたくさんあります。

葬儀の種類には様々ありますが、一般的なのは遺族や親族、親しい方や関係者にも参列してもらい執り行う葬儀です。
最近増えてきている葬儀が、家族葬です。
故人と親しかったごくごく身近な方たちや、家族のみで行われる葬儀です。
通夜、葬儀を一日で済ませる1日葬や葬儀を行わないで、火葬場で火葬だけをする、直葬と言うのもあります。
会社の会長や社長が亡くなった場合に、法人が喪主となり行われる社葬もあります。
日本人のほとんどの方は、仏式で執り行いますが、他にもキリスト教式や神道式などの形式があります。

葬儀にかかる費用ですが、地方や習慣、風習により多少異なりますが、一般的な葬儀の平均は、200万円と言われています。
葬儀一式にかかる費用の他にも、僧侶へ支払う費用や通夜振る舞いにかかる飲食費などがあり、多様な費用が発生します。
家族葬の場合は、もう少し費用が抑えられます。
少人数で行う葬儀ですので、大きな会場を使用する必要もなく、通夜振る舞いの飲食費も抑えられます。
直葬の場合は、火葬のみですのでより費用が抑えられます。
費用が抑えられるという点でも、家族葬を行う方が増えてきています。
亡くなる前に互助会等に入っていれば、亡くなってから連絡を入れれば、ご本人が決めていた内容で葬儀をすることができますし、葬儀代の積み立てているので、費用の軽減にもなります。

しかし葬儀の後、トラブルになることも多くあります。
葬儀後、高額な追加請求をされた場合や、サービス内容が違ったなどがあります。
葬儀会社を選ぶ際は、料金の明細をきちんと説明してくれるか、質問や疑問に丁寧に答えてくれるか、希望に沿った提案をしてくれるか等があります。
見積の時にしっかりと確認することが大切です。

Copyright (C)2016冠婚葬祭の葬儀に関する心得とは.All rights reserved.